東屋



包まれたい
それがたとえ闇であっても

無限の空虚の中で
漂うよりは
どんなに
安らかだろう