スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校庭から

R0014912_convert_20100902223145.jpg


学校なんてだいきらいだった。
変な価値観を押し付ける教師もきらいだった。
集団で行動する生活も窮屈だった。
意味のない行事もいやでいやでたまらなかった。



でも今、
放課後の誰もいない教室に響いてきた、
野球部の練習のかけ声とか、
吹奏楽部の音のはずれた演奏とかを、
懐かしく思う。



授業中にぼんやりと窓から眺めた、
砂埃がたつ校庭とか、
青い空とかを、
愛おしく思う。



昼休みに誰もこない非常階段で友人と話した、
好きな男の子のこととか、
わけの分からない世界のこととか、
そういうのを思い出すと、
胸が震える。



もう、二度と戻ってこないものたち。



※ 少し体調戻ってきました。
 ときどきコメント欄開けますね。

 皆さんは学校って好きでしたか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。