たとえ
姿や形が消えても
感覚や言葉を失っても
誰かの記憶の中に生きていられるのなら

淋しくはない