かそけき秋

R0017780.jpg

見渡せば花も紅葉もなかりけり
浦の苫屋の秋の夕暮れ

藤原定家



三夕の歌の中では私は本当は西行が好き。
でもこれは海辺の写真なので、藤原定家の歌を添えました。
この歌のすごいところは、
『見渡せば』で一気に画面を広げて、
そこに『花』『紅葉』をちりばめておきながら、
『なかりけり』で全て打ち消してしまう大胆さ。
そしてその虚無の風景に浦の苫屋をぽつんと置く。
その寂しさがたまらない。
海辺の秋の夕暮れを表現した秀逸の歌だと思う。