静謐と寂寥の隙間

R0017497.jpg

遠く
赤き小さき灯火に
手を伸ばしたいのに
伸ばせない

静謐と寂寥の舟が
そこにあって

ただ膝を抱え震えながら
佇むしかない