路地裏













『やまなし』宮沢賢治

 
二疋の蟹の子供らが青じろい水の底で話していました。
『クラムボンはわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
『クラムボンは跳ねてわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』


DSC_2412.jpg 



上の方や横の方は、青くくらく鋼のようにみえます。
そのなめらかな天井を、つぶつぶ暗い泡が流れていきます。
『クラムボンはわらっていたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
『それならなぜクラムボンはわらったの。』
『知らない。』


DSC_2559.jpg 


つぶつぶ泡が流れて行きます。
蟹の子供らもぽっぽっぽっと続けて五六粒泡を吐きました。
それはゆれながら水銀のように光ってななめに上のほうへのぼって行きました。



DSC_2563.jpg   












桜咲く道












ウチュウジン





DSC_2537.jpg