『鱗』秦基博




少し伸びた前髪を かき上げた その先に見えた
緑がかった君の瞳に 映り込んだ 僕は魚

いろんな言い訳で着飾って 仕方ないと笑っていた
傷付くよりは まだ その方がいいように思えて

夏の風が君をどこか 遠くへと 奪っていく
言い出せずにいた想いを ねえ 届けなくちゃ
君を失いたくないんだ

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

季節の変わり目は曖昧で 気づいたら すぐ過ぎ去ってしまうよ
まだ何ひとつも 君に伝えきれてないのに

夏の風に 君を呼ぶ 乾いた声 消されぬように
あふれそうな この想いを もう ちぎれそうなくらい
叫んでみるんだ

君に今 伝えたくて 歌ってるよ
たとえ どんな明日が ほら 待っていても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

お知らせ

『荒木経惟センチメンタルな旅1971-2017-』展開催されます。
2017.7.25-9.24
東京都写真美術館
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2795.html

報告



またまた日本カメラフォトコンテストで賞をいただくことができました。
やはり以前にこのブログに掲載した作品です。
今回はビギナーズ入選でした。

とてもうれしいです。
最近はブログも更新していませんが、
細々と訪問してくださる方、ありがとうございます。








報告



どの写真かは内緒ですが、
以前このブログに載せた写真が、
日本カメラフォトコンテストにて、
ビギナーズ特選の賞をいただきました。
とてもうれしいです(*^_^*)

いつもブログを訪問して応援してくださっているみなさんのおかげです。
ありがとうございます。











フォトブック作りました

R0026121_convert_20140609163544.jpg


これまで撮ってきた写真の一部を
フォトブックにまとめました。
海の写真を集めた『海の唄』と
街の写真を集めた『街の声』です。


R0026116_convert_20140529204354.jpg


『海の唄』より



R0026117_convert_20140529204416.jpg


『街の声』より