スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

『荒木経惟センチメンタルな旅1971-2017-』展開催されます。
2017.7.25-9.24
東京都写真美術館
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2795.html
スポンサーサイト

報告



またまた日本カメラフォトコンテストで賞をいただくことができました。
やはり以前にこのブログに掲載した作品です。
今回はビギナーズ入選でした。

とてもうれしいです。
最近はブログも更新していませんが、
細々と訪問してくださる方、ありがとうございます。








報告



どの写真かは内緒ですが、
以前このブログに載せた写真が、
日本カメラフォトコンテストにて、
ビギナーズ特選の賞をいただきました。
とてもうれしいです(*^_^*)

いつもブログを訪問して応援してくださっているみなさんのおかげです。
ありがとうございます。











『生きる』空花



いつでも死ねるように、
ロープを隠していたカバンで、
旅行に行けるようになるとは、
夢にも思わなかった。


ロープを手にしたとき、
『死にたい』ではなく、
『死ぬしかない』と、
思ったんだ。



苦しかった。
苦しかった。
苦しかった。
私はただただ苦しかった。
『生きる』という選択肢が、
もう残されていなかった。


世界中の人が死んでしまうか、
私だけが死ぬかの、
二択だった。
それしか私の中には、
残されていなかった。


今は、
細く長い道が、
霧の中からかすかに見えてきた。
私は、
もう少し、
生きられるかもしれない。


あのころの私に、
どうかあのころの私に、
大丈夫だよと、
伝えてください。
いま私は、
こうしてなんとか生きているよ、
と。


音楽の響きを、
花の香りを、
陽の光を、
また、
愛おしむことができるようになりたい。


『ごめんなさい』より、
『ありがとう』の多い人生にしたい。


私が、
ぎりぎりのところで、
死ななかったのは、
何か大きな力に守られていたのかもしれない。


感謝しなければ。
今の自分に。
すばらしい人たちとの出会いに。
これからの未来に。




空花



LOVE LOVE LOVE

+ Read More

フォトブック作りました

R0026121_convert_20140609163544.jpg


これまで撮ってきた写真の一部を
フォトブックにまとめました。
海の写真を集めた『海の唄』と
街の写真を集めた『街の声』です。


R0026116_convert_20140529204354.jpg


『海の唄』より



R0026117_convert_20140529204416.jpg


『街の声』より








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。